京都 法然院に ガラスアート空間「つながる」を奉納     2019年5月17日完成

Dedicate glass zen garden to Honen-in temple in Kyoto.


世界初 ガラスアートの枯山水空間が 哲学の道沿いの新たな名所として誕生します。
40mの参道に沿ってガラスオブジェが庭石のように組まれた清らかで煌めく空間は、まさに現代版枯山水庭園。
善気水の流れに導かれ、理想の浄土に向かい、心を整える場。
「循環する命とつながっていく宇宙」をコンセプトとした空間です。






ガラスオブジェは、市場から回収したガラスびんを溶かして制作したものです。
ガラスびんメーカー日本耐酸壜工業株式会社との共同研究で、回収びんからアート作品を制作する取り組みは、リサイクルや持続可能な社会を考える契機も作ります。
日本庭園の持つ禅の世界観、宇宙観にとどまらず、絶え間なく循環し続ける水、 人の命、資源(ガラス)--- 
それらは全てが一瞬であり、なおかつ永遠であることを 提唱しています。








法然院は谷崎潤一郎も眠る古刹で、静かな佇まいが多くの拝観者を魅了します。方丈の狩野光信、堂本印象の襖絵も見事です。

5月13日から現地での設置工事が始まり、5月17日完成予定です。

100年後の世界遺産を目指しています!




これは、2017年日本橋高島屋のエントランスホールで発表したものです。
次は、法然院の新鮮な空気の中で、より大きく発展します。

ご期待ください!

共同研究:日本耐酸壜工業株式会社
協力:株式会社木村グリーンガーデナー


Will dedicate glass zen garden to Honen-in temple in Kyoto.
A 40-meter approach will be the modern version of zen garden (Kare-sansui).
That will be a cleas and sparkling space where glass objects of as much as 2 meters are arranged along with moss and pebbles.
The world’s first glass zen garden will be created along the philosopher’s path (Tetsugaku-no-michi).
Melt the glass bottles collected from the market,
Art works are born by up-cycling.
Will also create an opportunity to think about a sustainable society.
It will be completed on May 17.
Honen-in is an old temple that famous novelist Junichiro TANIZAKI sleeps.The quiet appearance attracts many visitors.
The sliding screen paintings in Abbot’s Quarters (Hojo) are the work of Mitsunobu KANO and Insho DOMOTO. Those are also wonderful.
At the time of completion, a beautiful blue maple will connect the mountain gate and the glass art space refreshingly.

The last image here is the one presented in 2017 at the entrance hall of the Nihombashi Takashimaya.
Next one at Honen-in will develop a great deal in the fresh air.
Please stay tuned!

Collaborative Development : Nihon Taisanbin Glass Bottle Mfg.Co.Ltd.
Cooperation: Kimura Green Gardener Co., Ltd.