2019年5月17日  京都 法然院 参道にガラスアート空間が誕生します
Glass art space will be created in the approach of HONEN-IN Temple, Kyoto

「全ては宇宙の一部であり、その境界は無い」というコンセプトに基づき生み出される場。
善気水の流れに導かれ、浄土の世界へ向かう心を、清らかにそして安らかに。
リサイクルガラスから作り出されるガラスオブジェは循環する命を表し、
水になり光になるガラスは考古学的な時間の象徴である。