NAME.jpg

お問い合わせ.jpg

多くの方にご来館いただき、盛況に終えることができました。ありがとうございます。

古川美術館 分館 爲三郎記念館 特別展  FURUKAWA MUSEUM
西中千人ガラス展  ― 伝統を呼び未来を継ぐ ―  2014年3月15日(土)〜 5月11日(日)

光の華_P3M8307.jpg

飛び石5438.jpg

垣根_P2M5225.jpg

補陀落_P1M4616.jpg

venus_P3M8280.jpg

夢花_P2M5321.jpg

天からゆりかご垣根_P2M5261.jpg

葵_P1M4633.jpg

中庭柄杓置き_P2M5158.jpg

館長の古川爲之氏から、展覧会のお誘いをいただいた。
数寄屋建築と日本庭園の中で、ガラスアート作品をご覧いただくというものだ。
最初に思い描いたのは、ガラス(=光 ) という要素を取り入れた日本庭園。
刻一刻と変化する陽に照らされて、光や水のように感じられるガラスに導かれ庭を散策し自然を体感する。
日本庭園の飛び石にガラスを組み込むことで、滝の音や木々の匂い、苔の色までもが新鮮に感じられる。
それはまさしく、茶碗のヒビ割れに金を埋め込むことによって、肌合いだけでなく全体のフォルムまでも、
より鮮やかに浮かび上がらせる『継ぎの美学』すなわち『不完全の美』と同じ概念だ。 
そして、もうひとつの試みが、数寄屋建築を現代の感性で解釈するインスタレーション作品。
暗くて狭い階段を下りた先にある4畳半に、極彩色の命の花が咲き乱れる「夢で見た花」。
3畳に満たない空間に高さ1mを超えるガラス彫刻を配し、絶海の孤島に立つ観世音菩薩の慈愛を表現した「補陀落」。
ともに、和室から畳を取払い、砂利を撒いてガラス作品を設置した。
数寄屋建築の室内空間だからこそ、シットリと全身が包まれるような空気感を伝えたいと考えた。
また、ガラスの茶道具を合わせた茶室の床には、1200℃に熔けたガラスで和紙に書いた「別無工夫」の軸で
日本庭園のコンセプトを確立した夢想国師へのリスペクトを込めた。
何事にも囚われず自由な観点で伝統の美意識を現代に解き放った。
共に心で感じていただければ最高に幸せだ。

This is an unprecedented approach of exhibiting modern glass art at a traditional Japanese tea-ceremony house and garden.
I first came up with the idea of using glass for a Japanese garden as a new element of light.
The glass stepping stones look almost like sunlight captured in water.
You can find something special and new in the sound of falls, the scent from trees, and even the color of moss when walking in this garden along embedded glass stepping stones.
This approach follows the same concept as “the aesthetics of the patch", in which masters of tea ceremony in past times embedded gold in the cracks of a tea bowl in order to create a vivid impression not only in the feel of the surface but also in the entire shape.
Another approach used here is installation works.
I want visitors to catch with their whole body the softly enfolded feeling in this tea-ceremony house.
The work titled “Flowers in my dream” expresses the brightness of life.
Many rafflesia flowers in bright colors in full glory are set in a small room beyond dark, narrow downward steps.
I have set a tall glass sculpture in a very small room, titled “Potalaka”.
It portrays the benevolence of Kannon Bosatsu (the Bodhisattva Avalokiteshvara) standing on an isolated island in the distant sea.
In both rooms, the tatami were removed and the floors were graveled.
I wrote the words “Betsu ni Kuhu Nashi” with glass melted at 1,200 degrees Celsius,on the scroll in the tearoom, which is equipped with glass utensils for tea ceremony.
These are the words of Muso Kokushi who established the concept of Japanese gardens. The meaning is “never waste a minute of life”.
I let loose a traditional sense of beauty, from a totally free perspective.
It will give me great happiness if you can share the beauty of my work, and discover that "True beauty can be discovered only by one who mentally completes the incomplete."

 《 Special Collaborate 「 呼継よびつぎ 」&「 時織ときおり 」西中千人 × 荒井沙羅 》   ▶▶▶

 3月22日 ガラス茶会  ▶▶▶

 4月14日 ― いけばな小原流家元が西中千人の器にいける ― ▶▶▶

 4月20日 「重森千靑と学ぶ日本庭園の魅力」 ▶▶▶